お肌の構造について

ヒアルロン酸が多大な影響を及ぼす皮膚の構造について詳しく説明しましょう。お肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」から成り、表皮を支えている真皮内にヒアルロン酸は存在し、水分をたっぷり含んで肌の内側から保湿する役割を果たしながら、肌の潤いと柔軟性をも保っています。真皮内には線維芽細胞と呼ばれる美肌に重要な細胞があり、ヒアルロン酸をはじめコラーゲン、エラスチンなど肌のツヤ、ハリに欠かせないムコ多糖類を生成、また線維芽細胞は細胞が損傷した際にもコラーゲンを生成して修復する大事な役割を担っています

。しかしながら年を重ねる毎にヒアルロン酸は減少し、また紫外線によっても大きなダメージを受け、真皮の生成に影響を与える為、表皮を支える力が弱まりほうれい線、シワ、たるみなどを引き起こす原因となります。

現在では様々なヒアルロン酸配合の商品が販売されていますが、内側からお肌をサポートするならサプリメントが効果的です。お肌におけるヒアルロン酸の役割と構造を理解し、カサつく季節には何が必要で効果的なのか、日常的に意識して続けてケアすることで、お肌を老化させないことが重要なポイントになります。そうすることでお肌のツヤと弾力を保つだけではなく、健康維持にも繋がります。