サプリメントのヒアルロン酸

お肌の構造について

ヒアルロン酸が多大な影響を及ぼす皮膚の構造について詳しく説明しましょう。お肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」から成り、表皮を支えている真皮内にヒアルロン酸は存在し、水分をたっぷり含んで肌の内側から保湿する役割を果たしながら、肌の潤いと柔軟性をも保っています。
サプリメント真皮内には線維芽細胞と呼ばれる美肌に重要な細胞があり、ヒアルロン酸をはじめコラーゲン、エラスチンなど肌のツヤ、ハリに欠かせないムコ多糖類を生成、また線維芽細胞は細胞が損傷した際にもコラーゲンを生成して修復する大事な役割を担っています

しかしながら年を重ねる毎にヒアルロン酸は減少し、また紫外線によっても大きなダメージを受け、真皮の生成に影響を与える為、表皮を支える力が弱まりほうれい線、シワ、たるみなどを引き起こす原因となります。

現在では様々なヒアルロン酸配合の商品が販売されていますが、内側からお肌をサポートするならサプリメントが効果的です。
お肌におけるヒアルロン酸の役割と構造を理解し、カサつく季節には何が必要で効果的なのか、日常的に意識して続けてケアすることで、お肌を老化させないことが重要なポイントになります。
そうすることでお肌のツヤと弾力を保つだけではなく、健康維持にも繋がります。


ヒアルロン酸の効果

老若男女問わず、現代病ともいえる乾燥肌を防ぐための美肌成分として、化粧品から飲み物、サプリメントまで幅広く配合されている「ヒアルロン酸」ですが、よく耳にする割には、実際ヒアルロン酸が何でできていてどうして乾燥から肌を守ることができるのか、ちゃんと理解した上で使用している方は多くありません。名前だけは知れ渡っていても、薄ぼんやりとお肌をしっとりさせるものとして捉えている方がほとんどではないでしょうか。
コラーゲンと共に代表的な美容成分と位置づけられていますが、一体ヒアルロン酸とはどういう物質なのでしょう。

老化現象ヒアルロン酸はもともと人の体内にある成分で、保水効果が非常に高く、1gあたり6リットルもの保水能力があると言われています
しかし年齢を重ねるごとにヒアルロン酸は減っていき、保水力が保てずお肌や髪のハリとツヤが失われていきます。
また、関節にも多く含まれ、クッションの役割を果たす為、加齢とともに関節痛を引き起こします。
他にも体内での細胞活性化がヒアルロン酸の減少により失われ、様々な病気を引き起こしやすくなります。

これほど人の体になくてはならない成分であるヒアルロン酸ですが、赤ちゃんの頃にあった状態が40代にはその約半分が失われます。
いわゆる「老化現象」ですが、その老化を防ぐ為に正しく摂取するためにも、ヒアルロン酸の効能についてよく知る必要があります。では、ヒアルロン酸の成分や働きなど紹介したいと思います。